化学物質過敏症でお悩みの方へ

接着剤排除モデル(スタット料金が加算されます)

オールステンレスでキッチンを作ろうと思ったのは化学物質過敏症の存在を知ったときからでした。

通常、天板と補強との接着は有害と言われる接着剤を使用します。

Le pur(ルプ)のキッチンは天板にわずかな接着剤を使用しますが、オープンなこともあり放散も早いので、問題は少ないと自負してきましたが、過敏症の方向けに接着剤を排除し「溶接」のみで作る必要がありました。

過敏症のある方は事前にお知らせください。
天板やパネルなどの補強をスタットという手法で製造する「接着剤排除モデル」をお勧めします。

現在では、普通に工場で作った製品(接着剤排除モデル)は完成後に軟水で拭き、そのあと乾拭きして出荷しています。

養生には紙や布(オーガニックコットン)など使用しますが、管理が行き届いているわけでもなく、輸送も業者に任せていますので、残念ながら、CS患者さんの全てに対応するにはまだまだ不十分なところがあります。

みなさんの症状をお聞かせ願いながら、弊社のできることを公開していきますので、ご理解のほどお願い申し上げます。



【お問い合わせ】
info@lepur.com
事務所〉540-0012 大阪市中央区谷町1-3-1 双馬ビルBF tel.06(6966)0308 fax.06(6966)0318

Copyright (C)2001 le pur All right reserved.